妊婦健診

妊婦健診の流れ

  • 妊娠初期:妊娠12週〜20週:4週間に1度の健診
    妊娠24週〜35週:2週間に1度の健診
  • 36週以降:1週間毎の健診

妊娠中に行う検査

妊娠中の母胎の健康と、産まれてくる赤ちゃんが健康であるために、
様々な検査を行います。公費負担(無料)と自費のものがあります。

《初回の妊婦健診で行う検査》
B型・C型肝炎 血液型 不規則抗体 血糖 貧血
HIV抗体(エイズウイルス抗体)風疹抗体
超音波検査
子宮癌検診

《妊娠中期・後期で行う検査》
貧血 血糖 ATLA(成人T細胞白血病)
クラミジア検査 GBS(B群溶連菌)

妊婦健診

妊婦健康診査受診表について

  • 妊婦健康診査受診表は無料券ではございません。

指定の検査または一定の金額を上限とし、助成するものです。負担金が発生する場合があります。

胎児エコー(超音波)検査

当クリニックでは胎児エコー(超音波)検査の際に4D画像で見ることができます。

Q.4Dエコー(超音波)とは?

3D超音波画像に時間の要素を加えたものです。
お母さんのお腹にいる赤ちゃんの表情や動いている様子などがリアルタイムでみることができます。

健康保険の適応はないため、妊婦健康診査受診表以外での希望時は自費になります。
赤ちゃんの位置等の理由で十分な画像を得られない場合もございます。

3D・4Dエコー(超音波)検査

男女産み分け相談

当クリニックで行っております男女産み分けは、ご妊娠・ご出産が基本となります。
望まない性別に対して、ご出産の意志がない方は、お勧めできません。
グリーンゼリー・ピンクゼリーの販売もいたしております。
基礎体温を3ヶ月間以上つけていただくことが必要となります。

母乳外来

産後の母乳分泌が悪い、おっぱいが張って痛い・熱がある、
赤ちゃんが母乳を飲んでくれないetc…
母乳に関する相談・母乳ケアを行っております。
完全予約制になりますので、ご来院の前に予約をお願いいたします。費用;初回1,500円〜(薬の処方等は含まず)

母乳外来

風疹ワクチン接種について

妊娠初期の女性が風疹にかかると、風疹ウィルスが胎児にも感染し、出生後に後遺症を持って生まれる可能性が高まります。(先天性風疹症候群)
風疹にかかってしまった妊婦さんへの先天性風疹症候群の発症予防方法はありませんので、ワクチン接種による予防が大切になります。
家族や職場の妊婦さんに感染させないためにも男性のワクチン接種も必要です。
当クリニックでは、抗体検査を行い、抗体価が低い方に接種を行っています。

料金は保険適応ではありませんので、自費となります。
抗体検査 5,090円
風疹麻疹混合ワクチン 8,000円
なお、酒田市在住の方は助成があります。
風疹麻疹ワクチン 5,000円
風疹ワクチン   3,000円

接種前に申請が必要になりますので、詳しくは市民健康センターまたは各総合支所にご確認下さい。