出産という大仕事を終えたママと赤ちゃんが



幸せな時間を過ごしていただけるように、



落ち着いた雰囲気でおくつろぎいただけます。



スタッフ一同笑顔と丁寧な診療でお迎えいたします。

入院までの申し込み

  • 産科医療保障制度登録証の記入
    当クリニックで出産されるかたは、皆様が制度の対象となります。
    妊娠初期に説明をさせていただきます。
  • 出産育児一時金の医療機関直接支払制度合意文書の記入
    後期母親学級を受けられた方に、書類をお渡しします。早めの提出をお願い致します。
    直接支払い制度を利用されない方は、分娩までに出産費用を前金でお預かりさせて頂きます。
  • 36週までに出産費用の前金として50,000円お預かりさせていただきます。
    総出産費用が470,000円に満たない場合は返金いたします。

入院の持ち物

ママが使うものと、これから生まれる赤ちゃんに必要なものをご用意ください。

お母さんの物

□母子手帳  □保険証  □診察券  □10回胎動カウントチェック表  □印鑑(簡易タイプ不可)  □筆記用具□洗面用具  □パジャマ(前開き)2〜3枚  □産褥ショーツ(前開き)2〜3枚
□産後ブラジャー(ワイヤーなし)2〜3枚  □母乳パット1袋  □タオル3〜4枚
□ウエストニッパー(産後直後用)1枚  ※ 当クリニックで購入も出来ます。

当クリニックでご用意するもの

□お産セット(お産用ナプキンL・M・S お産直後パット)は当クリニックで準備します。

赤ちゃんのもの

□ガーゼハンカチ 3〜4枚  □退院時の衣類(退院までご準備ください)
※入院中の肌着・おむつ・おしり拭きは当クリニックにて準備してあります。

分娩・入院費用について

正常分娩:50万円前後(材料費・検査費別)
※ 産科医療補償制度加入料含む
※ 時間外・入院日数により料金が多少異なります。

入院期間について

正常分娩の場合、お産当日を含めて8日間(産後7日間)です。
経産婦で母児共に順調なら7日間(産後6日間)で退院可能です。

入院の部屋について

全室個室で(トイレ、シャワー付)です。

聴力検査

当クリニックでは、生まれて間もない赤ちゃんの耳の聞こえの検査を行っています。
一般的に、生まれつき耳の聞こえに障害を持つ赤ちゃんは、1000人に1〜2人と言われています。その場合には、早く発見して、適切な援助をしてあげることが、赤ちゃんの言葉と成長にとても大切です。
これまでは、耳の聞こえの障害は、見えないため気づかれにくく2歳以降の言葉の遅れにより、発見されることが多かったのですが、入院中に耳の聞こえを検査出来るようになりました。
この検査は、義務ではありませんが、赤ちゃんのために、
ぜひ検査を受けることをお勧めします。費用 3,000円(自費負担になりますが入院費用に含めて精算いたします) 

検査方法:OAE(耳音響放射検査)という検査法です。
赤ちゃんが寝ている間に、数分で検査を行え、痛みや副作用はありません。
薬の使用もありませんので、安心して受けていただけます。
検査結果は入院中に分かりますので、退院の時に説明いたします。